悩めるギリシャはどこへ行く

  「ギリシャの財政危機から見えてきたもの」           

 5月初め、ギリシャ財政危機のニュースが世界を駆け巡った。ギリシャ国債の返済期限が迫り、返済資金をどの様に調達するかをめぐってEU各国の財政状況に対する不安へと発展。その結果ユーロが大幅に下落した。 一昨年のリーマンショックの悪夢がよぎり、世界同時不況再来の不安が多くの人々の頭をよぎった。

 

1.EUの歴史とギリシャの加盟

 ECSC→EEC→EC時代から長い歴史を経て1993 年にスタートしたEU(欧州連合)は、その後も紆余曲折を重ねながら、2002年通貨統合(ユーロ16カ国)を実現した。私は1968~1995年の間、通算19年、欧州に駐在し、EUの歴史を真近で見てきた。EU以前の欧州は、各国間の格差(経済力、財政状態、各種制度)が歴然と存在し、その格差はEU時代に入っても続いていたので、通貨統合は到底不可能と思われた。しかしそれが現実のものとなり、加盟国は27カ国に増え、大きな波乱もなく、順調に推移する筈であった。

 

続きを読む...

 

悩めるギリシャはどこへ行く(その2)

『ギリシャの財政危機』                            
  昨年の5月、ギリシャの財政危機に端を発した欧州通貨ユーロ急落のニュースが世界を駆け巡った。あれから1年が経ち、再びユーロ危機がささやかれ始めている。
一年前、IMF(国際通貨基金)、欧州委員会、欧州中央銀行の3者によって作成されたギリシャ救済計画は、ギリシャにとっては極めて厳しい財政改革の実施が条件とされた。
しかし、年金制度の改革、大幅な税率の引き上げが、不況や失業率の上昇等で、国民の不満を買い、改革の実施が遅れ、その効果が表れていない。

 ギリシャ政府は2014年までに財政赤字を対GDP比3%以下に抑える計画を掲げているが、そのベースとなる政府の統計数字に対し、EU統計局から疑問符が出され、先月、統計局は改正値を発表した。2009年の財政赤字は、当初の対GDP比13.6%から15.4%に修正された。実際には更に悪化していた事が判明し、GDPの3%以内に抑えるとの達成目標は、一段と遠のいてしまった。

続きを読む...

 
会員募集 ボランティア募集 資金募集 広告募集