ドイツ統一で思い出すこと

 

筆者: 眞砂 睦

 

東・西ドイツが統一されて今年で20年になる。その統一のちょうど10年前の1980年、若いドイツ人と交わした言葉を想いだす。彼は音楽家で、当時ブラジルのオーケストラでコントラバスを弾いていた。奥さんは白ワインで有名なモーゼルのワイン・マイスターの娘だった。私は日伯合弁鉄鉱山開発事業の日本側調整役として、鉱山現場に近いベロオリゾンテ市に家族と共に住んでいた。私たちはその町で、親しくしていたブラジル人一家が開いたパーテイの席で知り合った。どこでうまが合ったのか、すぐに夫妻が拙宅に押しかけてきて、しばしば明け方近くまで飲みあかすようになった。

 

 何事にも一家言ある男で、人口一人当たりのノーベル賞受賞者の数はドイツが一番というのが自慢だった。ある時またドイツ自慢が始まったので、「東西ドイツが統合されたら、超大国になるな」とまぜかえしたら、いつになく真剣な顔つきになって、「ばかをいえ。戦争なしにドイツがひとつになれることなどあり得ない」と語気を強めた。長い歴史を通して、血を流して領土の取り合いを繰り返してきたヨーロッパで育った男の言葉は重かった。ドイツは第2次大戦の後、ソ連がおろした鉄のカーテンで分断され、その国境線は東西冷戦の最前線であった。そのうえ西側陣営の英仏も、ドイツがひとつになって再び力をつけてくることを警戒してドイツの統一には反対していた。そんな当時の状況下、あのゲルマン魂おうせいな音楽家ですら、「もう一度戦争を起こさないかぎり祖国の統一は無理だろう」と考えていたのである。
 
 ところがそれからわずか10年後に、戦争で血を流すこともなく、あっけなくドイツはひとつになった。1985年にゴルバチョフがソ連共産党書記長になって東西の緊張緩和が急進展する。彼がうちだした民主化政策「ペレストロイカ」が、ソ連の社会改革にとどまらず、かねてから動きをみせていた東欧諸国の自由化運動を活気づけた。東ドイツでは長い圧政に耐えてきた国民が爆発して、一気にベルリンの壁を打ち壊した。自由にうえた民衆の力が国境を取り払ったのだ。その1年後に東・西ドイツはひとつになった。さらにその1年後には東側本家のソ連邦自身も解体してしまって、東西冷戦が終わりを告げたのである。

 戦争で犠牲をはらうこともなく、自由を求める民衆が素手で国境を取り払うという予想外の展開になったことをどう思うか、あの音楽家の意見を聞いてみたかったのだが、お互いあれから転勤をくりかえしているうちに、とうとう連絡がとれなくなってしまった。

( 紀伊民報 2010.1.24「故郷への便り」より )

 

 
 

杉野先生のこと

 
筆者: 眞砂 睦

    私が日本学生海外移住連盟の十一期委員長を拝命したのは昭和三十九年のことでした。その頃には、年ごとの南米学生実習調査団の派遣や夏の合同合宿の実施、それに時々の講演会の開催など連盟の主だった活動がすでに軌道に乗っていました。ただ、毎年派遣していた南米学生実習調査団の渡航費の資金集めは相当な重荷であったことは事実で、役員諸兄にはずいぶん無理をお願いしました。それでも、経団連をはじめ主だった経済団体や企業は私たちの活動の趣旨をよく理解してくれており、ここ一番の際には心強い支援を頂きました。杉野先生のお力添えと、それまでの先輩役員諸氏のご尽力の賜物でした。

  いちばん印象に残っているのは夏の合宿です。私達の年は秋田県経営伝習農場に、北海道から沖縄まで全国四十七の加盟校から大勢の猛者が集まりました。いろんな専攻分野の学生たちが一緒になって炎天下の農作業に汗を流しました。農業を専攻する学生たちが作業をリードしてくれました。男子学生にまじって、多くの女子学生も居ました。彼女たちは力作業にもいやな顔をせず、男子学生そこのけの活躍でした。ただ、あまりの暑さに体調をくずした女子学生が事務室に運び込まれてきた時は肝を冷やしましたが、すぐ元気を回復されたので安堵しました。夜は車座になっての語らいが楽しみでした。それまで面識がなかった者同士が、互いに卒業後の人生計画を話し合ったり、大学生活の楽しさや苦労話を出し合ったり、濃密な時間を共にしました。合宿最後の夜はキャンプファイアーを囲んで、自慢の余興を出し合って、おおいに盛りあがりました。
 
 それにしてもあの合宿のあいだ、何のために夏の炎天下で苦しい力仕事をしているのか、という疑問が湧いてこなかったのは不思議でした。それどころか、作業に汗を流しているうちに、自分が生まれかわるようなすがすがしい充実した気持になれたのです。杉野先生が提唱される「理屈を学ぶ前に汗を流せ」という連盟精神とは、汗を流して得られたこの充実感なのかと一人合点したものです。
 
 その杉野先生に講演会でお会いした時でしたか、「君、学生運動の活動家と議論したことがありますか? 彼らは小難しい屁理屈を並べるが、私のところに連れていらっしゃい。私が彼らの理屈をすべて論破してあげますよ」とおっしゃった。当時は、日米安保条約改定反対運動終結後の学生運動の停滞期にあったものの、まだあちこちの大学で分派闘争が繰り返されていた頃です。青臭いイデロギーに縛られた頭でっかちの学生たちの騒々しい活動と、私たち学生移住連盟の「理屈を学ぶ前に汗を流せ」という理念とは、どうも対極に位置するな、ということは私も承知しておりました。杉野先生は日本の学生運動の草分け、「新人会」を生んだ東京大学法学部で学ばれたと聞きました。そんな背景をもっておられる先生は、戦後の学生運動家が唱える理屈など、とうの昔に乗り越えられていたのでしょう。薄っぺらな左翼理論など問題にしておられなかった。
 
 あの時先生から思わぬひと言を頂いて以来、私は先生がどのような勉強とご体験を積み重ねられて、学生を鍛錬するためのあの理念を確立されたのか、ひいてはどういう狙いで「農業拓殖学」という新しい学問を体系付けられたのか、いつかゆっくりお話を伺いたいと思っていました。それになによりも、杉野先生の「農業拓殖学」の講義を聞かせてもらいたいと思っていました。先生の講義を聞けば、どういうわけで私たち連盟の精神的支柱となっていた「WORK BEFORE STUDY」を提唱されるにいたったのか、その解答が得られるのではないか。汗を流すことを通して若者を鍛えることと農業拓殖とは、根っこのところでしっかり結びついているに違いない、そう思ったのです。ところが任期を終えて私たちが連盟の役員を退いて間もなく、講義を聞かせて頂く機会がないまま、先生は逝ってしまわれた。
 
 あれから半世紀近くになりました。炎天下の合宿で汗を流した猛者たちが世界のあちこちで、今も汗を流しながら大活躍をされています。杉野先生は「千の風」となって、あのいたずら小僧のようなキラキラ光る目で、高い空から教え子たちを見守ってくれているに違いありません。 
 
会員募集 ボランティア募集 資金募集 広告募集