航空会社民営化の教訓

筆者: 眞砂 睦

 

 今年4月から羽田と白浜を結ぶフライトにブラジル製の小型ジェット機が就航した。日本航空の経営合理化の一環として、従来の160人乗り中型機から76人乗りの小型機に切り替えられたのだ。最新鋭の機器を搭載し、しかも従来の中型機より座席幅が広くシートも革張りで乗り心地が良いと評判である。この機体を製造しているのはエンブラエルというブラジルの企業で、世界市場での販売占拠率では、エアバス、ボーイングに次いで3番手につけている。76人・86人・96人乗りの新鋭ジェット機ファミリーをひっさげて、世界の近距離用小型機市場を席巻しようとしている気鋭の航空機メーカーだ。

 

 エンブラエル社は1969年、国策会社として誕生した。ブラジル全土から優秀な人材が集まる理系の最高学府である航空技術大学が中核となって、空軍の技術陣と連携のもとに設立された。当初戦闘機の製造からスタートし、軍が必要とする戦闘機と輸送機の50%を納入するまでに成長。小型旅客機でも欧米諸国への輸出実績を積み上げ、古くから技術力には定評があった。ところが官営企業の悲しさ、優秀な機体は作れても、軍からの天下り幹部は企業の経営にうとい。従業員の数と給与の野放図な水ぶくれやずさんな資金管理。損失をだしても「お上」が面倒をみてくれるので、社員も事業の採算性に無頓着。技術は優秀なのだが、会社は利益が出せない状態が続く。国防を担う国策企業とはいえ、際限なく累積する赤字に音をあげた政府はついに民営化を決断する。


 
 1994年、金融コングロマリット「ボサノ・シモンセン」を中核とするシンジケートが買収に応じた。ボサノから派遣された新社長が一番頭を痛めたのが、コスト意識の欠落・市場の要求に対する感度がにぶい等、お役人然とした社員の意識の改革。「質の良い飛行機を作ること自体が目的ではなく、質の良い飛行機でいかに多くの顧客を獲得できるのかが大事なのだ。飛行機は手段であって目的ではない」と檄をとばしたという。同時に、労働組合と厳しい交渉の末、40%近い社員の整理と給与のカットを断行。続いて、かねてより開発中であった45人乗り近距離用ジェット機が欧米市場で売れると確信し、攻めに転じた。これが大当たりして、民営化後3年で赤字を解消。2004年には70人~90人乗りの現行機種を揃え、以後とんとん拍子に成長した。組織のスリム化・コスト意識の徹底・市場要求への即対応といった民間企業への脱皮策がみごとに実を結んだのだ。

 

 日本は狭い国土に99もの空港を抱えている。航空会社も空港も小型機の活用などの合理化が避けられまい。エンブラエル社民営化の物語は、航空業界は言うに及ばず、癌細胞のように増殖する日本の官営企業や公益法人のあり方を考えるうえでも示唆に富んでいる。

( 紀伊民報 2009.6.20 「故郷への便り」より )

 

 

 
 

ドイツ統一で思い出すこと

 

筆者: 眞砂 睦

 

東・西ドイツが統一されて今年で20年になる。その統一のちょうど10年前の1980年、若いドイツ人と交わした言葉を想いだす。彼は音楽家で、当時ブラジルのオーケストラでコントラバスを弾いていた。奥さんは白ワインで有名なモーゼルのワイン・マイスターの娘だった。私は日伯合弁鉄鉱山開発事業の日本側調整役として、鉱山現場に近いベロオリゾンテ市に家族と共に住んでいた。私たちはその町で、親しくしていたブラジル人一家が開いたパーテイの席で知り合った。どこでうまが合ったのか、すぐに夫妻が拙宅に押しかけてきて、しばしば明け方近くまで飲みあかすようになった。

 

 何事にも一家言ある男で、人口一人当たりのノーベル賞受賞者の数はドイツが一番というのが自慢だった。ある時またドイツ自慢が始まったので、「東西ドイツが統合されたら、超大国になるな」とまぜかえしたら、いつになく真剣な顔つきになって、「ばかをいえ。戦争なしにドイツがひとつになれることなどあり得ない」と語気を強めた。長い歴史を通して、血を流して領土の取り合いを繰り返してきたヨーロッパで育った男の言葉は重かった。ドイツは第2次大戦の後、ソ連がおろした鉄のカーテンで分断され、その国境線は東西冷戦の最前線であった。そのうえ西側陣営の英仏も、ドイツがひとつになって再び力をつけてくることを警戒してドイツの統一には反対していた。そんな当時の状況下、あのゲルマン魂おうせいな音楽家ですら、「もう一度戦争を起こさないかぎり祖国の統一は無理だろう」と考えていたのである。
 
 ところがそれからわずか10年後に、戦争で血を流すこともなく、あっけなくドイツはひとつになった。1985年にゴルバチョフがソ連共産党書記長になって東西の緊張緩和が急進展する。彼がうちだした民主化政策「ペレストロイカ」が、ソ連の社会改革にとどまらず、かねてから動きをみせていた東欧諸国の自由化運動を活気づけた。東ドイツでは長い圧政に耐えてきた国民が爆発して、一気にベルリンの壁を打ち壊した。自由にうえた民衆の力が国境を取り払ったのだ。その1年後に東・西ドイツはひとつになった。さらにその1年後には東側本家のソ連邦自身も解体してしまって、東西冷戦が終わりを告げたのである。

 戦争で犠牲をはらうこともなく、自由を求める民衆が素手で国境を取り払うという予想外の展開になったことをどう思うか、あの音楽家の意見を聞いてみたかったのだが、お互いあれから転勤をくりかえしているうちに、とうとう連絡がとれなくなってしまった。

( 紀伊民報 2010.1.24「故郷への便り」より )

 

 
 
さらに記事を読む...
会員募集 ボランティア募集 資金募集 広告募集